糸を間に入れていく裂き布織りその3 | マノデアールの手織り教室

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016.03.07 (Mon)

糸を間に入れていく裂き布織りその3

たての淡色糸を両面に模様として
出したいときはどうすればいいでしょうか。

という話だったのですが、ヒントになるのは
ミシン掛けの上糸の張りが強いイメージ という言葉と
そして こちらの写真
IMG_20160214_103124.jpg

淡色糸がすぐ隣に連続していないのがおわかりでしょうか

平織りの踏み順を13,24とするなら
今は淡色糸が13の綜絖に通っている状態です。
これを24の綜絖に通すと裏側に出る というわけです。

裏面の同じ位置に淡色を出したいときは……

今の淡色糸の位置に4本連続して通してみてください。

平織りも奥が深いです



更新の励みになります。応援ぽちっ!ありがとうございます
  
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
07:21  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: 質問していいですか?

こんにちは。

質問というより、ご指摘ですね(^_^;)

左右が逆になっていた箇所は書き直しました。

ていねいに読んでいただいて ありがとうございます。

chamade |  2016.03.10(Thu) 17:01 |  URL |  【コメント編集】

質問していいですか?

さきおりの布を右から通し、左から糸を入れる。また右から布を入れて...繰り返すとのことでしたが、右から通したさきおりの布は左側に出ているのでは?ちょっと意味がわからなくて質問させていただきます。
むらもとさよし |  2016.03.10(Thu) 16:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://teori7school.blog27.fc2.com/tb.php/372-743248da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |