織地の表面に現れるプツプツは何ですか? | マノデアールの手織り教室

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2015.11.22 (Sun)

織地の表面に現れるプツプツは何ですか?


見た感じ ちょっとプツプツしてるのが見えると思いますが
実はこれはよこ糸のやまを多く取りすぎているために起こる現象です。

IMG_20151027_080901.jpg

機織りは 織る時に足を踏み変えることで綜絖が上下に動き 模様を作ります。
綜絖が動くのに釣られて糸も上下に動きます。
糸が上下に動くと三角に開くので、そこによこ糸を通して
また踏むことで1段織れる、その繰り返しです。
その際、よこ糸はたて糸をまたいだり くぐったりしていくので
多少 うねうねと波のようになります。

イメージがわきますでしょうか?

そのうねうねの分を考えて あらかじめヤマをとって
織っていかないと 糸がつれてしまいます。
逆にヤマを取りすぎると 行き場のないよこ糸が上下に押し出され
ツイードのようなプツプツが現れる というわけです。

マノデアールの作品展で手織り体験をする方に
「どれくらいとればいいんですか?」と聞かれたりします。
これって一言で難しい、つまり正解がないんですよね。
例えば「45度です」「織ったとこから5cmです」というような明確な答えが。
それはたて糸とよこ糸の太さのバランスによるものだから。
「糸によります」が正解になるのです。
織りながら探ってみると いいポイントが見つかります



りぼんをぽちっ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます
16:31  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://teori7school.blog27.fc2.com/tb.php/327-f56cdd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |