2016年09月 no.447.443.400.440.444 | マノデアールの手織り教室

08月≪ 2016年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016.09.29 (Thu)

反物と同幅の裂き布織り

前回、7mm幅にカットした裂き布で織ったものがこちらです。

同幅で織ると、こんな感じでになります。
(織り機にかけた状態と タテヨコ逆です)
IMG_20160927_113004.jpg

同幅で織ることにした2つの理由

1つめは、継ぎ目を気にせず織れるから 進みが早い。
2つめは、端がヒラヒラしているので 端がガタガタになってもバレない

バレない・・・そんなことを考えてはいけません

そうではなくて、端がひらひらしているので
そのまま使えるかもと思ったわけです。
何かに仕立てるときに 敢えてひらひらを活かす、みたいなことです。

大きな声では言えませんが、私 織ることに飽きっぽいんです。
なので 飽きてしまった時のために、準備を
後半で、裂き布ではなく糸で模様織りをしようと思ったので
綜絖が順通しではなく、模様の通しになっています。
これで、一応平織りもできるし 模様もできるというわけです。

IMG_20160927_113035.jpg

平織りで始めてみたら、思ったよりカラフル過ぎて
それになんだか生地も薄ッ!
それで綾織の踏み順(43,32,21,14)で織ってみたら
だんだんいい感じになってきました

たて糸に少しずつ入れている黄色と赤の糸。
RM先生に「何だか目立たないわねぇ」と言われましたが
逆なんです馴染ませるために入れている糸なので
目立たなくて正解なんです・・・負け惜しみでは

後半の模様織りは、がらっと違う感じなので、また別にUpしますね。



更新の励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!としていただけたら嬉しいです


10:41  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.26 (Mon)

裂き布カット

今日は織る前の話。
裂き布織りに使う裂き布を作るところをUpします。

裂き布といっても、今回の生地は たてにも横にも裂けなかったので
ローリングカッターで、サクサク切っていきます。

サクサク切った布で織るとつるつるした生地が
織れそうな気がしますが、そんなことはなく・・・
やはり繊維なので、多少のケバ?は出るんですよね。

特にこの生地、これは着物なんですけど
たてにも横にも細かくカラフルな糸が入っているので
切るといってもどちらの方向に切ったらいいのか
正直なところ想像がつかず、迷いました。
で、結局、横に裂いていくことにしました。

DSC_10930.jpg

切り方としては、反物を半分に折り、わを下にして置き、
ローリングカッターとオムニグリッドを使って同幅に切っていきます。
5mm~1cmくらい、今回は7mmくらいに切っています。

広げると、こんな感じになります。
DSC_1095.jpg
端のつながっている部分を、左と右、互い違いになるように、
ハサミで切っていくと、1本につながる状態になります。
それを巻き取って糸玉にすれば終了です。

この時、互い違いのつもりが、同じ端を切ると、大変なことに。
わっかになった裂き布がいーっぱいできてしまうのです
経験ある人、いるのではないでしょうか。

織り幅は、この反物と同サイズで織ることにしました。

反物の巾だと少し狭い気もしますが、一応理由あってのこと。
その理由は2つ。この2つは次回、織り生地を見ながら



更新の励みになります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!していただけたら嬉しいです


14:26  |  教室の風景  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.23 (Fri)

大人っぽいランチテーブル

前回お話した大人っぽいランチとは?

大人っぽい=茶色い とうことなら
この日のランチは、まさにそんな感じ。

真ん中のおかずは何だと思いますか?
IMG_20160916_064735.jpg
フミヨさんの手作り ガパオ!
ピリ辛のタイ料理、鶏挽肉のバジル炒め。
私もたまに作るほど 大好き♪ 誰か ご飯持ってきて~

このトマトは、この日唯一の彩り、かもしれないです
IMG_20160916_064453.jpg
こちらは、RM先生お手製の2皿
蕎麦ずしは「美味しい油揚げを見つけた」そうで、なるほど美味。
それと何度も油抜きをして作る、葱と豚の角煮&煮玉子(いい色です)
誰か ご飯おかわり持ってきて~♪

とことん茶色いおかずたち
パンも白っぽいのがないですね。
IMG_20160916_064248.jpg
左から、舞茸の天ぷら、ミートボール、3種の味のさつま揚げ

「茶色いおかずは美味しい」なんて言いますけど
実際に美味しかったです
この写真を見ながら 白いご飯をいただけそうな気がします



更新の励みになります。応援ぽちっ!ありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
16:08  |  ランチタイム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.21 (Wed)

ランチの彩りって

Lee&Joeの通っていた幼稚舎は、毎日お弁当だったのですが
Leeが年少さん、通い始めてすぐの頃に、担任の先生に
「Leeちゃんのお弁当は、大人っぽいですね~」と言われたことがあります。
私のことも ちゃんと食べているLeeのことも 褒めてくれている様子でした。

そのときは、大人っぽいの意味が よくわからなかったのですが
そのあと 私も園児のお弁当ということを意識して
キャラ弁こそないけども、型抜きしたり 彩りを考えるようになったので

多分、大人っぽい=茶色い だったのかな?と思いつきました。

そういう言い方をするなら、この日のランチは
大人っぽいランチ???でした。


・・・の前に

対照的にきれいなランチテーブル

IMG_20160826_065837.jpg

これらの色が入ると まさに色どり、というか彩りですね~
お弁当だとご飯の白があるから、それだけでも明るいけど
Leeは桜でんぶが好きで、ピンクが多かったりしましたね~

お気付きのように、魔女のコッペパンがあります
IMG_20160826_065946.jpg

いちじく和三盆なんて、レギュラーメニューではないのでしょうね。
いつも、いろいろ持って来てくださるので、楽しいです。

次回は、ランチテーブルを数百回?それ以上?見てきた中でも
印象に残った、大人っぽいランチテーブルをUpしよう思います。

お楽しみに!



更新の励みになります。応援ぽちっ!ありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村

07:13  |  ランチタイム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.18 (Sun)

麻糸ラミー

数ヶ月お休みしていたチカコさんが復帰されました。

mano de Rでは、休会制度はとっていないので
お休みした分は振替という形で消化していただきます。
その代わり、振替に期限はありませんので、
お休みしたら、他の日に織り織り織りに来てくださいね~

さて、今織っているのが、こちら
DSC_65249.jpg

こういう幅の少ないものは早く進みそうですね。
平織りですし。でも、どうしてボートシャトル?
板杼では糸が巻きづらいのでしょうか??

それはともかく、この糸はラミー、麻の一種です。

ジュート、ヘンプなどが、その並びであるのですが、
耳馴染みがあるのは、リネンでしょうか。

独特の毛羽が立っているのが見えます
IMG_20160916_065249.jpg

見た目はジュートっぽいけど、それより少し柔らかい。
感触もジュートほどざりっとしていません。
強度があって、艶もある。

見た目とのギャップが面白い、そんな糸です。



更新の励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!ありがとうございます。

16:07  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>