2013年11月 no.256.262.260.259.258 | マノデアールの手織り教室

10月≪ 2013年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013.11.29 (Fri)

参考に、ぜひ織り方を考えてみて!

作品展に展示されたヨウコKさんの作品です。
裂き布織りバッグ

市松のように四角が浮いて見える、直線の模様だけど何だか複雑。
パッと見ただけでは、どこをどう織っているのかよくわからない。
そんな印象を受けて、近くでまじまじ見たり、離れて見たり。

本人に聞いたら、あっさり「市松ですよ」と言われましたが

織り方は裂き布の平織り、一段ごとに糸を入れて織ることで
裂き布が詰まらず、生地がやわらかくなります。
これはどちらがいい悪いということではなく、好みですね。
見た目ももちろん変わりますし。

このバッグの場合、たての2本ずつの配色がポイントになるでしょう。
裂き布の種類は変えずに一貫して織ったのもよかったと思います。
たて糸の配色で十分カラフルになっていますしね。
裂き布織りバッグ
薄くたなびく雲のような白は「わざわざ入れたのですか」と
聞きましたら、裂き布にもともとこういうのが入っていたので、
そのまま織り込んだとのことです。

それにしても、このたて糸の配色を考えたうえでの整経は大変そう

右の踏み木を踏んだら上に上がり、左の踏み木を踏んだら下に下がり。
青が上にいるとき、となりの黄色は下にいて、そのとなりの青が上にいる。
そのためには、1本置きに整経する必要があります。
2本を並べたいなら、並べて整経してはいけないということです。
お分かりになりますか???
お教室の生徒さんなら、この話についてきてほしいのですが。
どうでしょう?まぁ私の説明もわかりにくいかな?
やっぱり、やってみるのが1番・・・・・ですね


ランキング参加中。応援クリイクお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!
14:33  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.25 (Mon)

新人さんいらっしゃい!

今回の作品展を見に来てくださったアキコさん。
その期間中に「教室に入りたい」との意思表示をいただいていましたが
一応、期間中はお受けしないようになっていますので。
というより、終わってから、普段の教室の様子を見学して
それからじっくり考えていただきたいという意味なのですが。

そんなわけで、作品展が終わり、アキコさんが入会なさいました。
Welcome to our weaving studio 'mano de R'

この日は糸を決めて、整経して、綜絖通し。
ストールを織るそうです。

選んだのは、この2種類のシルク糸。
黄緑がかったゴールドと、暖色系の段染め糸。
シルク段染め糸


この段染めの糸は、ところどころにじわじわっと
縮れさせて太くなっている箇所があるのですが
織ってみると、そこのところがアクセントになって
いい味を出す・・・予定です
シルク段染め糸


よこ糸はどうするのでしょう???
出来上がりが楽しみです。

手織りを楽しんでいきましょう


ランキング参加中、応援クリックお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!
23:00  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.17 (Sun)

K子さんの作品

”作品展での私のお気に入りの1枚”

今回の作品展に出品されたK子さんの作品です
K子さんのストール

このストール、写真よりずっと発色が良く艷やかなんです。
このオレンジ色の利かせ方が絶妙でしょ。
色合いがエルメスっぽいと思ったのは私だけでしょうか?
K子さんはそんなこと考えてもいなかったと思いますが。
エルメスの箱がこんなオレンジ色で、文字もブラウンなので、
そのせいかもしれませんね。

そしてこのストール、地紋が織られてるんですよ。
よく見ると杉綾織りが細かく入っています。
さり気なく、実は凝ってるんですね

このオレンジがK子さんに似合いそうです



ランキング参加中。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!


22:53  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.12 (Tue)

K子さんのこと

第8回作品展 無事に終了することができました。
ご来場くださった方々に心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました。



そして今日は生徒のK子さんの話です。
もう来られないことになってしまいました。
忙しくて長く来られない生徒さんはいらしたけど、
K子さんのようにもうお会いできない方は初めてで、
とても寂しくて悲しくて、信じられない気持ちです。

K子さんは、着物がお似合いで、個性的な服も着こなしてしまう
不思議な雰囲気の方でした。
性格は、はきはき、さっぱりしていて、頼りになる
(年上の方に言うのもおかしいですけど)
でも人当たりの柔らかい、そんな感じの方で
そんな不思議なK子さんが私は大好きでした。

作品のデザインは斬新かつ大胆、
新しい手法にどんどんチャレンジしていく、
そうやって手織りをめいっぱい楽しんでいた、
そんなK子さんをRM先生もよく褒めていました。

会えないと分かったときに浮かぶものは、
会いに行けばよかったという後悔、
鮮明な残像、そして声です。
「・・・ちゃん」と私を呼ぶ声が耳元に残っています。



23:54  |  シャマード記  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.02 (Sat)

作品展初日

いよいよ始まりました、第8回マノデアール作品展

お花いただきました、華やかです!
作品展

こちらはバッグのコーナー。
作品展
今回は数も多く、もちろん上達もしていて
なかなか好評のようです。

今までは生徒さんごとのコーナーを作っていましたが、
今回はバッグ、ストール、ショール、ベストなど
作品の種類ごとに展示をしてみました。
作品展

おかげさまで盛況、無事に初日を終えました。
お客様がいらしてる様子を撮ればよかったと
今は思うのですが、その時はお客様と生徒さんに
集中していて、ブログのことを忘れていました。
会期中に撮れればと思います。
無人の写真では盛況さが伝わらないですものね

ご来場くださった方には、本当にありがとうございました。


ランキング参加中、応援クリックお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
ぽちっ!
23:58  |  作品展  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |