生徒さんの作品 no.467.466.465.461.463 | マノデアールの手織り教室

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.06.19 (Mon)

新人さん 赤い鉄骨


先月から、新人さんがいらしています。
どうやら、その方は、この赤い鉄骨がお目当てのようで・・・

ご自宅にお持ちで、使い方をマスターしたいということらしいです。
高機ではなく、卓上から始める方もいらっしゃるということですね。

IMG_20170617_164109.jpg

もう少し、織りが進んだら、改めて紹介させていただきたと思います。


赤い鉄骨がどういう織り機なのかは
こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
 東京手織り機ハンディルーム



更新の励みになります。応援ぽちっ!ありがとうございます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
11:59  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.19 (Fri)

こんな二重織りはいかがですか?


こちらはショウコさんの作品

IMG_20170418_152950.jpg

二重織りだそうなので、それでは表面だけ見てもわからないので、
裏面はどうなっているのかなと、下にに回って見てみたのですが

IMG_20170418_153113.jpg

イマイチわからない

それはなぜかというと、この織りの場合
裏と表が似た感じだから、なんですね。
二重織りの場合、裏と表、完全に違う色でできるので、
そうですね~この場合、私なら、裏面は同じ織りで色はネイビー
もしくはオレンジの単色で、ポイントの模様を入れる、とかにして、
一粒で二度おいしいところを狙っていくかなと思うのですが。

ショウコさんは、同じ感じ、でも少し違う、そういう色を選んだんですね。
織りまちがっても気付けないかもしれない

二重織りをいくつか織ってきた方なので、
行き着いたところが、今回の
”似ているけど、少し違う表面と裏面”
ということなのかなと思いました。

IMG_20170418_153001.jpg

板杼に巻いてある糸で違いが分かると思います。
裏面に紫がどれくらい効いてくるかで、
印象が変わってくるでしょうね。



いつもありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
応援ぽちっ! お願いします

13:01  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05.07 (Sun)

織り方は同じなのに・・・?


こんにちは。

連休はゆっくり過ごせましたか?
お忙しかったですか?
私は、「ナイトマネジャー」を一気見して過ごしました。
トム・ヒドルストンの淡い青緑色の瞳が素敵過ぎです


それはさておき、今日はノリコさんの作品です

これからの季節にピッタリな
涼しげな、白の透かし織り

IMG_20170418_153148.jpg
縦と横の密になっているところが交差して
小さい真四角の模様がポンポンと並んでいるの、わかりますか。
この四角、ちょっと隙間が空いて小さな黒い四角が4つ並んでいるパターンと
隙間が空いていなくて、白い四角が4つ、中に並んでいるパターンと
2種類あるように見えませんか。

もっと寄って見たほうがわかりやすいかもしれませんね。

IMG_20170418_153148 (2)

こんな感じなんですけど。
実はこの、2つのパターンの四角、織り方は一緒なんだそうです。
というか、むしろ、同じになるはず、だったそうで
ノリコさんは、理由が分からず、ほどいたりして、悩んでいたとか。

織り方が同じなのに、模様が違って出る。
そんなとき疑うのは、綜絖か筬 ですよね。

糸を張って、織り始めると、つい自分の手(技)を疑ってしまいがちですが
わりと、綜絖か筬に原因があることも多いものです。

この場合は、丸羽で通していました。
それで糸に寄り(撚りではなく寄り)が出て、
濃いところ(黒い四角)と、薄いところ(白い四角)が出たんですね。

不思議~

”思っていたのと違う”と思うでしょうけど、
私はこっちのほうが好きだな~。


いつもありがとうございます。ぽちっ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
10:27  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.18 (Tue)

こちらもサマー&ウィンター

アケミさんの作品

S&W=サマー&ウィンター織り

以前、この織り方については、記事にしているので
そちらを併せてお読みいただければと思います。

左の検索窓に”サマー”と入れて、見てくださいね。

同じ寒色系なので、下の写真のように近くで見ると
ちょっとわかりづらいかなという気がするので
DSC_1273.jpg

濃色のところに、//ライン//を入れてみました。
織り目はわからないかもしれませんが
平織りでも綾織りでもないのが伝わればよいかな。
DSC_12731.jpg

織るときは近くで見ていますが
使うときは、このくらい離れて見るので
DSC_12730.jpg

お~くっきり



応援ぽちっ!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
いつもありがとうございます
16:07  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.13 (Thu)

大きい織り機でテーブルセンター

大型織り機で織っているノリエさんの作品です
テーブルセンターになるそうです
IMG_20170328_08.jpg
それを聞いたときは「紅茶こぼしたらどうしよう?」と
余計なことを考えてしまったのですが・・・

ランチョンマットも「お醤油こぼしたらどうしよう」とか
つい考えてしまうんですよねぇ。
布用の撥水スプレーなどを使えば大丈夫なのかな?
そういえば、撥水と防水の違い、わかりますか?
・・・って、脱線してしまうので、戻ります。

こういう大きな作品は、模様のブロックがいくつかあって
ここが好きだなとか見つけるのが楽しいですね。
IMG_20170328_084157.jpg
ちなみに私はと言うと、このオレンジの囲み、
これは単純に、一対一の格子柄が整然としていているから。
それと青い囲みのところ、これは直線で表す曲線の美。
パッチワークの海の嵐なんて大好きなんですけど
パッチワークは、ダイレクトに曲線を作りながら縫うパターンもありますよね。
そこは手加減でできるところですが、機織りの場合、
たて横に糸を張っているので、ダイレクトな曲線はできない。
そこで目の錯覚じゃないけど、離れて見ると曲線っていうのは
やっぱり魅力的というか、おもしろみがありますよね。


DSC_1269.jpg
こちらの織りは、裏表が完全に違うものですので
写真を見比べて、ここの裏はここかしら?と考えてみてください。

糸はこちらの2色、麻と綿糸です。
DSC_1271.jpg



押していただけると、嬉しいです
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
応援ぽちっ!
12:02  |  生徒さんの作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>